購入前の基礎知識!ソファのサイズと機能について

座るだけではなく時には寝転がってくつろぐこともできるソファ。サイズや機能などさまざまなソファがあるだけに、目移りして、なかなか一つに決められず迷ってしまいますよね。そこで今回は、購入前に押さえておきたい、ソファ選びに役立つサイズや機能についての知識をお伝えします。

ソファのサイズ、特に確認すべき部分は?

ソファを購入する前にサイズを確認するのはとても大切なことです。サイズを確認していないと、狭い部屋が余計に狭くなる、家族で使えない、自宅に搬入できないなどさまざまな問題が生じる恐れがあります。

座る人数などに関わるソファの「幅」

ソファを正面から見たときの横幅のことです。製品によってサイズが大きく異なるので、購入時には注意が必要です。幅は座る人数に大きく関わるので、家族構成や使用する人数で考えなくてはなりません。

1人で使うのなら660mmサイズでも十分ですが、ゆったりと使いたいのなら850mmくらいあったほうが快適に使用できるでしょう。2人で使いたいなら1100mm~1600mmが目安です。カップルやご夫婦で使うのなら2人の空間を大切にしながら、1人でいられる時間や空間にも余裕を持てる少し大きめなサイズがオススメです。

3人用は2000mm~2200mmくらいが目安です。このサイズになると存在感も大きくなるため、レイアウトも考えて購入しましょう。4人以上で使用したいのなら2150mm以上のサイズがおすすめです。これくらいのサイズになるとストレートタイプではなくコーナータイプが主流です。

1人掛けサイズ 幅660ミリ〜1,000mmが主流です。オットマンやチェアなど幅広いデザインがあります。
2~2.5人掛けサイズ 幅1,100ミリ〜1,600mmが主流です。コンパクトからワイドまで幅広いサイズがあります。
3人掛けサイズ 幅1,700ミリ〜2,000mmが主流です。ゆったりと座れるワイドタイプです。

生活動線などに関わるソファの「奥行き」

奥行のサイズは生活動線に影響を及ぼすので慎重に考えましょう。奥行きが広いと深く腰掛けて座れるのでリラックスできますが、その分スペースを多くとるため通路が狭くなります。逆に、奥行きが少ないタイプだと通路が広くなりますが、浅く腰掛けることになるので、落ち着いてのんびりくつろげないかもしれません。

できるだけ生活動線を確保したいのなら、750mm程度のサイズがおすすめです。820mmくらいのサイズでも動線は確保しやすいので、リビングなど広い部屋にはマッチするでしょう。890mmほどのサイズになると、どうしても占有するスペースが多くなり動線の確保が難しくなる傾向に。

座り心地などに関わるソファの「高さ」

幅と奥行きだけでなく、高さもしっかりチェックしておきましょう。高さは座り心地に大きく影響するほか、空間の開放感にも関わってきます。背もたれが高いと背中をしっかりと預けてリラックスできますが、その分存在感が大きくなり圧迫感も大きくなります。ただでさえ狭い部屋が余計狭く見える、ということにもなりかねないので注意が必要です。

多少の圧迫感はあってもゆったりとくつろぎたい、という方にはハイバックソファもおすすめ。背もたれを高く設計したタイプで、背中はもちろん頭まで預けてくつろげます。座った状態で頭を預けぼんやりしたい、という方は選択肢に加えてみましょう。

できるだけ空間を広く見せたい、という場合にはローソファやフロアソファ、コンパクトタイプの製品を選びましょう。580mmくらいの高さだとかなり圧迫感は軽減できます。座り心地と開放感の両方を求める方には730mmくらいのコンパクトタイプのソファがよいでしょう。

注意!サイズは搬入経路の広さも考えて選ぶ

部屋の広さや生活動線なども考慮して購入したものの、自宅に搬入できなかった、という話は意外に少なくありません。せっかくお気に入りの一台を見つけても、自宅に搬入できないのなら意味がないので、搬入経路の広さも考えて選びましょう。

ソファ本体のサイズは確認していても、梱包までチェックできていないことが多いので注意してください。基本的にソファは梱包された状態で配達されることが多いので、梱包された状態でのサイズを確認しておきましょう。その上で、搬入経路の広さも測り、設置場所まで運べるかどうかを確認します。

廊下や階段はもちろん、ドアの開口サイズもチェックしましょう。家の設計によっては階段の勾配が急角度だったり、部屋の位置が原因で搬入できないこともあるので注意が必要です。

ソファ幅サイズと部屋サイズの関係性

ソファの幅サイズは「部屋のサイズとレイアウト」に密接に関係します。部屋のサイズやスペースに対してキチンと生活動線を確保するソファサイズを選ぶことで、ライフスタイルに合わせたレイアウトが組めます。

1人掛けソファ(幅660~1,000mm)

1人掛けソファについて

1人でリラックスして座るための1人掛けソファは、主にソファタイプとラウンジタイプあります。座り心地を重視されるのであればソファタイプがオススメです。コンパクトなラウンジタイプは空間をスッキリ解放感のあるレイアウトにオススメです。

2~2.5人掛けソファ(幅1,100~1,600mm)

2人~2.5人掛けソファについて

2人掛けソファの場合、一人暮らし、二人暮らし、家族暮らしなど様々なライフスタイルにお使いいただけるサイズです。デザインによって同じ2人掛けでもサイズが異なる事もありますので、生活スタイルに合わせた幅サイズを選ぶ事が大切です。

3人掛けソファ(幅1,700~2,000mm)

3人掛けソファについて

3人掛けで余裕のある日々の生活をゆったり楽しむのにオススメです。2人掛けではできない距離感の会話や時間を大切にする事が出来ます。余裕を持って寝転ぶ事も出来るので、自分だけのスペースを贅沢に使う事も出来ます。

ソファにはどんな機能がある?

ソファには製品によってさまざまな機能が備わっています。代表的なところだと、カバー付け替えやクッション組み換え、リクライニングなどが挙げられます。また、ベッド化や折りたたみ機能、高さの調整などができる製品も。ここでは、ソファに備わっている機能ごとの特徴についてまとめてみました。

カバー付け替え

カバー付け替えイメージ

ソファは毎日使用するので、汗や汚れが気になりますよね。定期的にクリーニングすればキレイな状態を維持できますが、それが面倒と感じる方も多いでしょう。そのような方におすすめなのがカバー付け替えの機能を持つ製品。カバーの付け替えができるので、汚れたら洗うだけの手軽さです。

例えば、小さなお子さんがいる家庭やペットを飼っている方だと、ソファがすぐに汚れがちです。食べ物や飲み物のしみができたり、ペットが粗相をしたりとさまざまな原因で汚れてしまうことが考えられます。このようなケースでも、カバーの付け替えができるのなら交換するだけなので安心です。

クッション組み換え

座面や背面のクッションを自在に組み替えられるタイプです。カウチタイプやコーナータイプの製品に多く見られ、さまざまなシーンに対応できるのが魅力的。3人掛けソファからスツール、コーナーソファなど複数の使い方が可能になる製品もあります。これなら、1人使いはもちろん家族とも使える上に、来客の際にも安心です。

このタイプはレイアウトの自由度も魅力の一つです。3通りの使い方ができるものが多いので、模様替えしやすいのもポイントといえるでしょう。その時々に応じてスツールを切り離したり、コーナーソファにすることもできます。クッションの組み替えは簡単なので、女性やご高齢の方でも安心です。

このタイプのソファだと、あらゆるレイアウトに対応できるため引越しのたびにソファを買い替える必要もなくなります。インテリアの自由度も増し、よりオシャレな空間作りも可能になります。さまざまなライフスタイルに寄り添えるソファです。

リクライニング

背もたれの角度を変えることのできるタイプです。一般的なソファだと角度が固定されているため、それ以上後ろに倒すことはできません。しかし、人によってはもう少し後ろに倒したい、もっとゆったりした体制でくつろぎたい、という方もいるでしょう。そのような方にこそリクライニングタイプがおすすめです。

電動でリクライニングできるタイプなら、ワンプッシュで好きな角度に調整できます。普段はそのまま使用し、少しゆっくりしたいときだけリクライニングさせるといった使い方も可能。大きく後ろに倒せる製品ならそのままベッドのようにして眠りにつくこともできます。

リクライニングタイプは大型の製品が多い傾向にあるため、搬入が心配という方もいるでしょう。製品によっては、背もたれやひじ掛けの部分が脱着できるものもあるので、そのようなアイテムを選べば問題ありません。リクライニングソファが一つあれば、ライフスタイルがより豊かになることが確実なので、ぜひこの機会に検討してみてください。

ベッド化・折りたたみ

ベッド化できるタイプは、いわゆるソファベッドと呼ばれる種類です。このタイプだと一般的なソファよりも座面を低く設計したものが多い傾向にあります。普段はそのままソファとして使用でき、眠りにつくときだけベッドにできる優れもの。わざわざベッドを購入する必要もないため、経済的な家具ともいえるでしょう。

一人暮らしの場合、ワンルームや1Kの間取りの部屋で暮らしている方が多いですが、ワンルームでベッドとソファどちらも置いてしまうとどうしても部屋が狭くなってしまいます。ベッドにもなるソファなら、一つで二役をこなしてくれるので部屋も広く使えます。

折りたたみできるタイプも同様、省スペースに優れています。使わないときは折りたたんで立てて収納できるため、狭い部屋でも快適に過ごせるでしょう。少しでも部屋を広く使いたい方、部屋が狭いのでできるだけ家具などを置きたくない方にピッタリのアイテムです。

高さの調整

高さ調整ができる製品もあります。このタイプだと、脚の付け替えで高さを調整するものが多い傾向にあります。高さを調整できるので身長に合わせることもでき、より快適に使用できるのが大きな魅力といえるでしょう。

また、子どもの成長に合わせて高さを変えられるのもうれしいポイント。短い足を継ぐことで少しずつ高さ調整できるものもあるので、お子さんの身長に合わせて高さを変えられます。買い替える必要もなく、経済的なメリットもあるソファです。

普段はローソファのように使用し、来客があるときだけ脚をつけて使うことも可能です。また、ほかの部屋で使おうとしたときに圧迫感があると感じたら脚を外して低くすることもできます。このように、さまざまなシーンに対応できるフレキシブルな点がこのタイプの大きな魅力といえます。

収納

収納機能を備えた製品もたくさんあります。このタイプだと、座面の下が収納スペースになっていることが多く、引き出しに収納できるようになっています。シンプルに収納スペースが増えるので、収納力がアップするのはありがたいですよね。

また、ひじ掛けの下がカラーボックスのようになった製品もあります。小物や本などを収納でき、インテリア雑貨も配置できます。クローゼットや押し入れが少ない、部屋全体の収納スペースが少ない、荷物が多すぎるといった方には、収納機能が備わったソファがおすすめです。もうちょっとだけ収納できる空間を増やしたい、という方にもピッタリかもしれません。

知っておくと安心!ソファの中身ははこうなっています。

骨組み

ソファの多くは木製のフレームでフレームが作られています。
ソファの張地、ソファの内側にはスプリングコイルなどのクッション材が敷かれている事が多いです。
アイアン製のフレームもあり、構造には多くの種類があります。
ソファの機能を知っておくとソファ選びに約に立ちます。

バネ・クッション

ソファに座る時に重要な機能のひとつとして、衝撃吸収材が挙げられます。
耐久性にも大きく影響するソファの機能として、衝撃吸収材は非常に重要な役割を果たします。
種類も様々あり、コイルスプリング、ウェービングテープ、S字バネなどが多く用いられます。
種類によって座り心地が変わってきますので、柔らかめ、固めなどお好きな座り心地に合わせたソファの機能を選ぶ事が大切です。

コイルスプリング

縦巻きのスプリングで、弾力性に富んだ特徴があります。 体重をしっかり支えてくれるので座った時に沈みこみすぎない適度な硬さを備えています。
上方のコイル径を大きく、下方を小さくしているので、座りはじめは柔らかく、沈み込むとしっかり支えてくれます。
均等に体重を受けとめる、極めて重要な機能をもっています。
へたりにくく、耐久性が強いため、比較的高価なソファーによく使われています。
イメージとしては、体を面で支えるという特徴があります。

S字バネ   

平面的なスプリングであるため、ソファの座面全体が沈む感じになります。
座り心地は柔らかく沈み込みも適度に感じられます。
反発力は高くなく、横方向に対する力には強く安定しった座り心地を得る事が出来ます。
ソファに使用される衝撃吸収材として代表的な位置づけとなっています。

ウェービングベルト

ウェービングベルトは糸とゴムを一緒に編みこんだベルト状の衝撃吸収材です。
ソファのフレーム面に縦方向、横方向へ格子状に編み込まれていて、ベルトの持つ弾力性で体重を支える機能を持ち合わせています。
比較的安価なソファに使われていることが多く、低価格帯のソファではSバネに並んで多く使用されています。
ソファ全体の軽量化にもなり、デザインの幅が広い事が特徴です。

ポケットコイル

らせん状のバネのコイルの一つ一つを、ポケット状の袋に入れて一面に並べたものです。
独立した構造となり、座った時の体重を点で支える機能があります。
他にはベッドのマットレスなどでも多く使用されています。
座る場所、形に合わせてコイルのひとつひとつが反応して体圧を分散させる機能があり、フィット感が強く感じられます。

コイルスプリング ウェービングベルト S字バネ
クッション性 弾力性の高いしっかりとした座り心地 弾力性は低く、硬さを感じる 弾力性はあり、優しい座り心地
均一性 どこに座っても同程度の座り心地 中央が柔らかく、端になるほど硬い座り心地 端になるほど硬い座り心地
やわらかさ やわらかさよりも弾力が勝る やわらかさは少なめ しなやかで安定した座り心地
耐久性 バネがへたりにくく頑丈 長期使用の場合伸びきってしまう事も コイルには多少劣るが長期使用も
体への負担 長期間座っても疲れにくいクッション性 長時間座るのには不向きの場合も やや疲れにくいクッション性