ステイホーム とテレワークを楽しむ為に

コロナウイルスの影響による、外出自粛や三密にならないよう取り組む中で注目されたリモートワークやテレワーク。

テレビ業界ではリモートでの番組出演が増え、辛い状況の中、様々な方法や企画で乗り越えようと努力されていますね。


政府が政策にあげた「働き方改革」と、ノートパソコンやスマートフォン、タブレットなど携帯端末の普及と、インターネット環境が充実した事によって、さまざまな場所で仕事をすることができ、働きやすい環境や制度の充実に力を入れる企業も増えてきました。

昨今は、コロナウイルス の影響もあり、外出を控える要望も出る中、オフィスに出社しず、自宅で仕事をするテレワークが急速に進んでいます。


テレワークとは

厚生労働省の『テレワークではじめる働き方改革』導入ガイドによれば、テレワークとは、 "『ICT ( 情報通信技術 )を活用し、時間や場所を有効に活用でき る柔軟な働き方』です。

近年、スマートフォン、タブレット端末等の情報通信機器が発達するとともに、 通信サービスについても、ブロードバンドサービスが普及し、運用コストやセキュ リティ確保の課題も解決されつつあり、テレワークを取巻く環境は、飛躍的に変化 しています。" とされています。

テレワーク

テレワークは、"離れた場所"を意味する『テレ(Tele)』と、"働く"という意味の『ワーク(Work)』を組み合わせた『会社から離れた場所で働く』という意味の言葉です。

もともと「テレワーク」は育児や介護などで「出勤する事に対する負担を減らす」ことが目的の働き方という考え方がありましたが、

別の言い方では、『リモートワーク』や『サテライトオフィス』という言葉も聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

例えば「リモートワーク」は、ITツールやインターネットを使ってオフィス以外の場所で仕事をする働き方を指す場合が多く、ある程度の知識をもった人でないとハードルが高く感じられました。

社外にいながら、チームや外部の会社の方等と、WEBカメラやグループチャットを使って、目の前で仕事をしているのと変わらないように仕事をこなす働き方です。

一般で普及している連絡ツールとして『LINE』や『メール』、Googleやマイクロソフトなどが提供している無料のWeb会議サービスなどが普及したことで、ひと昔ほど知識やスキルがなくても取り入れやすくなっています。

場所や時間に囚われることなく成果を上げる働き方として注目を浴びています。




一般的なオフィスワークを自宅でリモートワークする時に最低限必要なのが机と椅子。

自宅に書斎やユーティリティーデスクなどがない場合は、食事に使うダイニングテーブル(食卓テーブルと椅子)で仕事をされる方が多いようです。

こちらでは、お部屋や生活スタイルに合わせて SIEVE / Addressの商品を使ってのリモートワークのおすすめ商品をご提案いたします。


ダイニング / テーブルでテレワーク

会社でオフィスチェアに座って仕事していた場合、一般的な食堂椅子は長時間座ることを目的として設計されてはいない為、疲れて集中力が切れてしまうかもしれません。

椅子はクッション性のある座をお勧めします。マージチェアのように板座の椅子の場合、椅子用のクッションや座布団を敷くと良いでしょう。

長時間座ると、どうしても血管を圧迫して血流が悪くなり、痺れや腰痛になってしまう場合があります。

定期的に立ち上がって、軽くストレッチをしたり、良い姿勢を意識する事も大切です。


ダイニングテーブルを使ったテレワーク

STAY DENT DINING SERIES


テレワークにおすすめな軽量で可愛らしいチェアテレワークにおすすめなスツール。テーブルの側面に置いても邪魔になりにくい

チェアとスツールは各4色展開

カバーリング仕様なので、ドライクリーニングと手洗いでのお手入れも可能です。




リビング / ソファでテレワーク


ダイニングテーブルとソファを組み合わせたテレワーク

ソファの高さに合わせていただきやすい、低めの”フラッフダイニングテーブル”。

リビングテーブルはソファに座って使うのには低い物が多く、一般的なダイニングテーブルでは少し高いので、ソファにあった高さのダイニングテーブルがお勧めです。


また、8月頃にアドレスから発売予定のソファ用サイドテーブル(デスク)のように、ノートパソコンやタブレットをメインで仕事するのに適した商品もございます。


お部屋のスペースがあれば、専用のデスクを置くのもお勧めです。

ダイニングでは、食事の帯に仕事を中断して片付ける必要があります。

ONとOFFのメリハリができて良いですが、少しストレスに感じることもあるのではないでしょうか。

そういった時に仕事用のスペースがあれば仕事〜プライベートに切り替えるストレスも軽減できるのではないかと思います。

専用の椅子を用意しなくても、ダイニングチェアを共有で使っても良いですね。

実用性だけではなく、インテリアになじむデザインの家具を選ぶことで、部屋が素敵になり、仕事以外の普段の時間も、満足感のある充実した時間を過ごせるのではないでしょうか。



LD(リビングダイニング)にデスクスペース、ワーキングスペース、ダイニングスペース等、様々なシチュエーションに合わせて選べるテーブルシーリーズ『STAY /ステイ』。

テーブルはデスクとしても使用可能なSサイズから、ダイニング向きのM・Lサイズの3型展開しています。

テレワークにおすすめなコンパクトデスク

食卓と書斎の椅子を同じシリーズで揃えられるのもおすすめのポイントです。