ソファのお手入れ方法(ファブリック編)

ソファのお手入れ方法

普段のお手入れ

衣類の繊維や服についたホコリなど、汚れていないように見えても、布地やソファの隙間には細かいゴミが入っているもの。

今回はソファを気持ちよくご使用いただけるよう、ファブリック(布張り)ソファのお手入れ方法をご紹介いたします!


\ ホコリや細かいゴミのお手入れ方法 /

1)コロコロを使う

コロコロ

ちょっとしたゴミには、粘着式クリーナーこと「コロコロ」を使っていただくのがお手軽ではないでしょうか。

髪の毛や表面についたゴミを粘着シートにくっつけてお掃除するコロコロは、

急な来客があったり、掃除機の使えない時間帯など、あると便利なアイテムです。

ソファには一見目立たなくても、布地の表面に案外ゴミがついている事に気がつかせてくれます。。。

ソファ以外にもカーペーットやラグのお掃除にも便利ですよ!



2)布地のブラッシング 

ブラッシング

※画像のブラシは豚毛のものを使用しています。

コロコロでは取れない布の目に詰まった、ゴミやホコリを取り除くにはブラシを使ってお手入れします。

ソファの布地をよく見ると「織り目」が見えますので、その目に沿って布地に入り込んだ小さなゴミを軽くかき出すようにブラッシングします。

ブラシは、適度に張りのある柔らかめのブラシをおおすすめします。

※毛の硬いブラシを使って強くはらうと、布地を痛める恐れがありますので優しく行ってください。


ファブリックについたホコリやゴミを取り除くことで、布地への不要な摩擦を抑えソファを長持ちさせます。

ブラシは専門店やホームセンターなどでお買い求めできますので、一度探しに行かれてはいかがでしょうか?



3)掃除機で吸い取る

掃除機

布地に絡んだゴミを掃除機で吸い取ります。

吸い込み口にブラシのアタッチメントをつければ、ファブリックを傷めずにお掃除していただけます。

クッションを軽く叩いてホコリやゴミを浮かせたり、ブラシではらってから吸い込むとより効果的です!


掃除機

SIEVEのソファはクッションの取り外しができますので、掃除機でのお掃除もしやすくなっています。

例えば、外で元気に遊んで帰ってきてお子様のポケットやズボンの裾から、細かい砂や木くずなどがポロポロ落ちたりなど、ソファの隙間には結構ゴミが入っています。

定期的にクッションをどかしてお掃除をすることによって、ゴミやお菓子の食べこぼしなどを取り除きく事が簡単に行えます。

取り外しができるクッションは、ベランダなどに持ち運んでクッションをパンパンと叩いて『ホコリをはらう』事もできる便利な一面もあります。



ライン


\ 汚れやシミのお手入れ /

ソファに使われているファブリックは、オールシーズン快適に過ごせるように肌触りの良い布地を素材としています。

布地は吸湿性の高い素材ですので、飲み物をこぼしてしまった汚れや、人の皮脂などの汚れがファブリックに付着してしまいます。

ここからはファブリックについてしまったシミや汚れのお手入れ方法をご紹介いたします!


1)タオルでお手入れ

水拭き-01.jpg

ぬるま湯に浸したタオルをかたく絞って布地の目に沿って拭き取ってください。

汚れがひどい場合は、ぬるま湯の入ったバケツに中性洗剤を数滴入れ拭き取ってください。タオルは目の細かいマイクロファイバーをおすすめします。

拭き終わりましたら、乾いたタオルで水分や洗剤を残らないようしっかりと拭き取ってください。

「ファブリックカバー」・「クッション材」・「木フレーム」・「金物」など、家具は水気に強くはありませんので、濡れた場合はしっかりと水気を拭き取り、自然乾燥させてください。

湿ったままで座ったり摩擦を与えると布地を傷めたり、クッションにカビが生える原因になる場合がありますので、ぜひ覚えておいてくださいね!


2)シミ抜き

シミ抜き

トマトソース赤ワインファンデーションなどの汚れが付着してしまったら、できるだけ早く取り除いてください。時間が経ってしまうと、汚れを落とすのが大変になります。

まずは大まかに汚れや固形物など取り除き、かたくしぼった水拭きで取れないシミは、カバーの内側に当て布をして、シミ取りクリーナーを試してください。

シミ抜き

シミがついてガッカリしてしまわないように、専用クリーナーはいざという時にあると便利。ファブリックソファをお使いでしたら備えていると安心ですよ!


シミとりについて詳しくはこちらをご覧ください。

>ファブリック ソファ / チェアのお手入れ|シミとりと普段のお手入れ方法




3)クリーニング

クリーニング

全体的に汚れが目立ってきましたら、カバーをはがしてドライクリーニングで洗っていただくのをオススメします。

汚れもさることながら、布にしみ込んだ臭いは消臭スプレーフレグランスなどである程度 緩和できると思いますが、服なコートと同じで、クリーニングにた方がスッキリしますよね。

SIEVEのソファは、全てカバーリングになっていますので汚れたらカバーをはがして洗っていただけます。

汚れや臭いはもちろん、気分的にもスッキリするのではないでしょうか。

パートソファ カバーリング

part sofa wide 2seaterは、座クッション用2枚と背クッション用2枚の計4枚。

ソファーカバーのクリーニングは、大変なイメージをお持ちの方も多いと思いますが、

例えば、パートソファの2人がけのカバーは、手提げ袋に入れれば女性でも片手で持てるくらいのサイズです。

クリーニングの費用については、ソファのサイズや種類、クリーニング店によって異なりますので、お近くのクリーニング店でご確認ください。


ふだん何気なく使っているソファでも、お手入れ方法や、ケアグッズを持ってられない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

どれも簡単に始められるお手入れ方法ですので、ぜひお試しいただきソファを快適にお使いいただければと思います!