ソファの座面奥行きは浅め?深め?くつろぎ方が変わる奥行きサイズ

レクトユニットソファ_SVE-SF013


SVE-SF013L[BE] + SVE-SF013W[BE]


ソファを選ぶ時には、ソファサイズや色・デザインなど、気になる点がたくさんあるかと思いますが、ソファの座面の奥行きについては気にしたことはありますか?

ソファの座面の奥行きが変わると、実は使い勝手も変わってきます。


座面の奥行きの浅めのソファ深めのソファ、どちらが向いているかは人それぞれ。選び方のポイントを解説します。



ソファの座面奥行きの深さとは

ソファ奥行き


ソファの座面の深さとは、ソファの座る部分の奥行きサイズのことです。

一般的に約50〜60cmが標準サイズと言われていますが、座る方の身長や座り方、背クッションの硬さ、メーカーごとの測定方法などで基準は前後します。

SIEVEでは座面奥行きを50〜55cm前後を標準と考えます。



座面の奥行きの深いソファの特徴

座面奥行きの広いソファのメリット

様々な体勢でリラックスできる

ジェシカソファ_ADR-SF008


ADR-SF008[BK]


長時間同じ姿勢で座っていると、途中で体勢を変えたくなることはありませんか。

座面の奥行きの深いソファは、ゆとりのある座面に足を上げて座ることができます。

あぐらをかいたり、脚をくずして座ったり、姿勢を変えながらゆったりとくつろげます。



横になっての仮眠にもぴったり

フロートソファ_floatsofa_SVE-SF006/7


SVE-SF007[GN]


奥行きが深いソファでは、ごろんと横になった時にも肩が当たらず、のびのびと寝転ぶことができます。

同じ理由で、肘掛けを背にして脚を伸ばし、ソファに横向きに座った時にも、広々と座れます。


バージュソファ2人掛け(BL)


SVE-SF012[BL]


背クッションが動かせるタイプのソファは、クッションを外すと奥行きが広がります。お昼寝時や、横向きに座る時だけ背クッションを移動させるのもおすすめです。



座面奥行きの広いソファの注意点

相応のスペースが必要

shiftsofa_シフトソファ


SVE-SF015L[LGR] + SVE-SF015O[LGR]


奥行きが深いソファは、ソファ自体のサイズも大きくなるため、動線が確保できない、模様替えがしにくい、ということも。

事前にサイズ確認をしっかりと行いましょう。



センターテーブルでの飲食がしにくい

モンスソファ_SVE-SF020


SVE-SF020M [BL] +ADR-ST002


奥行きの深いソファにセンターテーブルを合わせた場合、ソファ前方のセンターテーブルの飲み物などに手を伸ばした時には、背にもたれずソファに浅く座ることになり、体勢を保ちにくくなります。


そんな時にはサイドテーブルを置くと、深く腰掛けたまま手を伸ばすことができ便利です。



座面奥行きの広いソファがおすすめの方

・ソファに長時間座る

・のびのびとくつろいでリラックスしたい

・ソファで寝転んだり、仮眠を取ることが多い

・横向きに脚を伸ばして座りたい

・ソファを置けるスペースが広い

・身長が高い方がよくソファに座る



座面の奥行きの狭いソファの特徴

座面奥行きの浅いソファのメリット

来客用ソファに最適

マージソファ_SVE-SF018


SVE-SF018S[NV] + SVE-SF018L[DGR] + SVE-CT007


座面の奥行きの浅いソファは、直角に近い角度で座れるようにセッティングされているものが多く、背クッションにもたれて床に足をつけた状態の、きちんとした姿勢を保ちやすいです。

背もたれに体を預けてもだらしなくならず、来客スペースに置くソファに最適です。



狭い場所にも置きやすい

パートソファ_SVE-SF008/9


SVE-SF008[BE] + SVE-SF009[NV]


座面の奥行きの浅いソファは、ソファ本体の奥行きもコンパクトな分、限られたスペースにも置きやすいというメリットがあります。

狭いお部屋でも生活動線の確保もしやすく、レイアウトを考える際に選択肢が多くなります。



座面奥行きの浅いソファの注意点

身長の高い方には物足りなく感じることも

マージソファ_SVE-SF018


SVE-SF018L[DGR] + SVE-CT007


奥行きのコンパクトなソファは、女性や小柄な方が座った場合も、床にきちんと足がついて姿勢が保ちやすく座りやすいのですが、長身の方にとっては若干窮屈に感じられるかもしれません。



座面奥行きの浅いソファがおすすめの方

・オフィスに置きたい

・来客が多い

・ソファを置けるスペースが限られている

・小柄な女性やお子様がよく座る

・きちんとした姿勢で座りたい

・ソファをセンターテーブルと合わせて、飲食をすることが多い




座面奥行き深めソファのおすすめ

[ Address ] Jessica sofa / ジェシカソファ

ジェシカソファ_ADR-SF008


ADR-SF008[BK]


ゆったりとした座面の奥行きは60cm。広々とした座面で様々なスタイルでくつろげるソファです。



ジェシカソファ_ADR-SF008


背もたれの分割式の大型クッションを移動させると、座面奥行きはさらに広くなって75cm。

移動させた背クッションを枕代わりにできて、お昼寝にもおすすめのソファです。



[SIEVE] float sofa / フロートソファ

フロートソファ_floatsofa_SVE-SF006/7


SVE-SF007[DBE]


個性的なフォルムとしっかりした座り心地が支持されて、SIEVEのソファの中でも長く愛されているフロートソファシリーズ。


フロートソファ_floatsofa_SVE-SF006/7


SVE-SF007[GN]


ソファ自体の奥行きが78cmと控えめなサイズ感に対して、座面奥行きはゆったりの57cm。

全体的に厚みを抑えた細身のフォルムで、『ゆったり座りたい』と『本体の奥行きを抑えたい』の両方を叶えるソファです。




座面奥行き浅め〜普通ソファのおすすめ

[SIEVE] merge sofa / マージソファ

マージソファ_SVE-SF018


SVE-SF018S[DGR] + SVE-SF018L[NV] + SVE-CT007


オーク無垢材の味わいのある木目と、落ち着きのある爽やかな色合いのカバーが印象的なマージソファ。


マージソファ_SVE-SF018


ソファ本体の奥行きサイズと、座面の奥行きともにSIEVE/Addressの中で一番コンパクト。

置く場所の選択肢が広がるソファです。



[SIEVE] bulge sofa / バージュソファ

バージュソファ_SVE-SF012_BL


SVE-SF012[BL]


バージュソファは、全体的に高さを抑えたロースタイルソファ。

座面奥行きは54cmですが、背フレームにもクッション性を持たせているので、背クッションを外して深く座ることもできます。


バージュソファ_SVE-SF012S_GR


SVE-SF012[GR]

外した背クッションは膝に抱えたり、肘掛け部分に置いて横向きに座ったり。

奥行き深くゆったりと自由におくつろぎいただけます。




SIEVE/Addressのソファ 座面奥行きリスト

商品名 ブランド 座面奥行き(cm) ソファ奥行き(cm)
float sofa / フロート シリーズ SIEVE 57 78
part sofa / パート シリーズ SIEVE 49 74
bracket sofa / ブラケット ソファ SIEVE 57 74
bulge sofa / バージュ シリーズ SIEVE 54 90
rect.unit sofa / レクト ユニット シリーズ SIEVE 71(背クッション込み) 88
shift sofa / シフト シリーズ SIEVE 65 86
merge sofa / マージ シリーズ SIEVE 47.5 71.5
form low sofa / フォーム ロー ソファ SIEVE 54.5 86
mons sofa_モンス シリーズ SIEVE 55 95
Karla sofa / カーラ シリーズ Address 53 73
Connie sofa / コニー ソファ Address 56 85
Tina sofa / ティナ シリーズ Address 52 83
Terry sofa / テリー シリーズ Address 58 90
Jessica sofa / ジェシカ ソファ Address 60 95




いかがでしたか?

このように、座面奥行きでソファのベストな使い方が変わってきます。

ソファ選びの際には、誰がどんな風に使うかを想像しながら、奥行き幅も意識してみてくださいね。