シンプルに組み合わせる自由なデザイン|rect. unit sofa

rect. unit sofa

SVE-SF013L / SVE-SF013W

自由に組み替えられるユニットソファ

rect. unit sofa(レクトユニットソファ)は横幅が『 2 m 45 cm 』と、

SIEVEのソファシリーズの中で一番大きなサイズです。

大きなソファは何と言っても広々とした座り心地と存在感がメリット。
しかし、逆に大きなソファ特有の問題も...。

レクトソファは一般的なカウチタイプのソファとは少し違ったコンセプトで作られました。

それでは『 何が』違うかをご紹介いたします!




\ 長方形を組み合わせたデザイン /


長方形の組み合わせrect. unit sofaの『 rect. 』(レクト)は『 rectangle 』(レクタングル)の略で『 長方形 』を意味します。

異なる大きさの長方形のブロックを組み合わせたようなシンプルな本体に、

耳のたったフェザークッションとオーク材の脚部を加えることで、可愛らしさと大人っぽさを醸し出しています。


レクトとは

レクトユニットソファは、「ワイド」「ロング」の二つのソファを組み合わせたカウチソファ。

ワイドとロングを合わせると横幅が2m45cm。

高さを抑えたデザインなので、大きなサイズでも圧迫感を抑えつつ存在感を醸し出します。


幅が2m以下のカウチソファは、実際に3人で座ると若干狭く感じると思います。

このレクトユニットソファなら広々とした座面で大人の方が3人座っても十分な広さがあります。

ご家族やお友達といっしょにゆったり座れるサイズ感です。




\ うごかせるアームクッション /


レクトソファ 肘

レクトソファのアームクッションは固定されていません。

カウチタイプのソファは、肘かけが固定されているものが多く、

購入前にソファの置く位置をしっかりと決めなければ、

実際に置いてみると、通路や他の家具が邪魔になってしまう場合があります。

大きなソファならではの話で、

一般的なカウチタイプだと肘が決まっているのでレイアウトが制限され、

購入後に失敗したら変更はできません。

レクトソファクッションなし

しかし!rect. unit sofa のクッションは、すべて外していただく事が出来ますので、

クッションの位置を変えれば、左右どちらでも自由にレイアウトを変更していただくことが可能です!


レクトユニットソファは配置が自由


うごかせるアームクッションの特徴をいかして

・クッションをふくらはぎの下に置いたり。。。
・読書をするときに膝に置いたり。。。
・ノートパソコンを置いて高さを調整。。。
・背もたれの上に置いて枕のようなハイバックソファにしたり。。。

レクトソファとノートパソコン

SVE-SF013 W / L (BK)

アームクッションが動かせるだけで、使い方の幅はぐんと広がります。




\ 脚を伸ばせる広い座面と座り心地 /


 レクトソファとシーンセンターテーブル

カウチソファは脚を伸ばして座る事ができるのが大きな魅力の一つです。

シェーズロングのソファの良さを知ってしまうと、なかなか他のソファには移れません。


レクトソファと女性長方形を組み合わせたようなシンプルなデザインはまるで小ぶりなベッドのよう。

置き方にもよりますが、2〜3人掛けのソファ(長椅子)はテレビに対して平行になるため、

ソファの上で脚を伸ばしたり、寝転んだりすると、頭が横向きになってしまいます。

しかし、シェーズロングのソファであれば脚を伸ばしながらも、真っ直ぐテレビを見ることができます。

また、L型の特徴をいかし、コーナーソファのように向かい合ってコミュニケーションをとる事ができます。


レクトソファロング

レクトソファには弾力性の高いウレタンと適度な反発力を持つウレタンを組み合わせ、

本体にはウェービングベルトというクッション材を使用しております。

これにより、座り心地が良く、さらに耐久性も高め身体をしっかりと支えてくれます。


また、背のクッションには『フェザー』『シリコンフィル』という素材を混ぜたものを使用しています。

『ふんわり』した感触が最高の寛ぎの場を作り出してくれます。

フェザーシリコンフィル

・フェザー

水鳥の羽(羽毛)。軽くてふんわりとした天然素材。SIEVEではシルバーグースという種類の水鳥の羽を使用。

ふんわりと沈み込むような優しい弾力が特徴。つぶれても形を整えながら軽く叩いて空気を入れてあげることで、元の形に戻る復元性の高い素材です。また、湿気を逃がす力にも優れています。


・シリコンフィル

羽毛のようなふんわり感のある化学繊維素材。独特な柔らかな弾力性があり、一般的なポリエステル綿よりも復元性の高い素材です。

・ウェービングベルト(ウェービングテープ)

クッションの下にある本体には『ウェービングベルト』というゴム状のベルトが張ってあり、より弾力のある座り心地と、クッションにかかる荷重を下に逃がすことで、クッションのヘタリを抑える効果もあります。


ウェービングベルト




\ 単体でも使える2人掛けソファ /


// rect. wide - 2seater //

レクト2P-01.gif

レクトソファは、単体でもご使用いただけます。

レクト2Pクッションなし向かって左クッション

レクトソファ2P

アームをとって2人掛けソファに。

カウチの時とは一変。可愛らしい雰囲気になります。


rect. unit sofa (wide) + bulge ottoman

rect2P.jpg

SVE-SF013W BE / SVE-SF012O BE / SVE-CT001 NA


レクトシリーズとバージュシリーズ(bulge series)の布地は同じ素材を使用しておりますので、

布地の色を合わせれば、異なるシリーズでも違和感なくコーディーネートしていただく事もできます。

※脚の形状は異なります。

レクトソファ・バージュソファ 共通色  BE / ベージュ BL / ブルー

rect. unit sofaとbulge sofa の布地

rect. unit sofa: BE / BL / LBR / BK

bulge sofa:  BE / BL / BR / GR




\ カバーリングとメンテナンス /


カバーリング

【本体のカバーリング】

布地はフルカバーリング仕様ですので、全てはがしてドライクリーニングが可能です。

本体のカバーはマジックテープで固定してありますので、カバーを下からめくっていただき、

左右のバランスを見ながらゆっくりはがしてください。


肘クッションカバーリング.jpg

【クッションのカバーリング】

『アームクッション』と『背クッション』、『座クッション』はファスナータイプ。

無理に力を入れると縫製がほつれる恐れがありますので、ゆっくりとバランスを見ながらはがしてください。





クッションをズラしたレクトソファ

座面クッションも簡単に取り外す事ができます!

座面のクッションの隙間には、綺麗に使っていても結構ゴミが溜まりやすい場所です。

スマホやお子様のオモチャなど、落として取るのに苦労するソファもありますが、

レクトソファなら、座面を女性一人でも簡単に外していただくことができ、

掃除機などでのお手入れもしやすくなっています。


座クッションを取り外したレクトソファrect. unit sofa wide

写真はレクトユニットソファ『ワイド』のクッションを全てとりはずした状態です。

本体に金属製のバネなど、重い素材は使っていませんので、クッションを外すとさらに移動がしやすくなります。

※ロングも同様の仕様です。


大きくて重いカウチソファは、男性でも動かすのが大変なもの。

しかしソファの下には必ずと言っていいほどホコリがたまってしまいます。

レクトソファは、そんな毎日使う事を考えデザインしたソファです。


ルンバとレクトソファ

もちろん、一般的なサイズのお掃除ロボットもお使いいただけます!




レクトソファのカラーバリエーション

木部はナチュラル色の一色展開。

カバーは落ち着いた風合いのファブリック4色からお選びいただけます。




SIEVE のソファは3年保証

rect. sofa 3年保障

SIEVE / シーヴのソファは3年間の品質保証を設けております。製品上の欠陥により発生した破損に関しましてはご購入日より3年間無償にて修理・部品交換をさせていただきます。


クッションやカバーの消耗については保証対象外となります。

保証についての詳しい内容は下記のリンクご覧下さい。

http://sieve-online.jp/content/assurance/



大きなソファのメリットをいかし、そして、デメリットから新しい使い方を発見する。

レクトソファはそんな実際の暮らし方から生まれました。

ぜひ、『レクト ユニットソファ』で新しい暮らしを発見してみてはいかがでしょうか/


case.jpg