ダイニングテーブルの選び方|高さ・サイズ・スペース

ダイニングテーブルの選び方

ダイニングテーブル・チェアは最初に揃える家具のひとつ。ダイニングルームでは部屋の雰囲気を左右する主役的な役割を持ち、お気に入りのテーブルに巡り会えたなら、毎日の生活はより豊かなものになるはず。

家具を探している時は、自分好みのインテリアや素敵な生活を想像し、とても楽しい時間です。

そんな楽しい家具選びを失敗しない為にも、こちらでは、ダイニングテーブルの選び方をご案内させていただきます。

『家族の人数』『お部屋のサイズ』『暮らし方』など、あなたの暮らしに一番あったダイニングをお選びいただければと思います。



関連記事:センターテーブルの選び方もご紹介しております。



1人分のテーブルスペース

まず、ダイニングテーブルのサイズを選ぶ基準をご説明いたします。

テーブルのサイズには、80cm、120cm、135cm、150cm... と様々なサイズがございます。

このサイズを選び方として、1人分の必要スペースで選ぶ基準があります。

1人分のテーブルスペース

1人分のテーブルスペースは、幅 60cm × 奥行 40cm が基準と言われております。※

このスペースは、1人分の食器を並べれるスペースと、隣に座る人と体が当たらないスペースの基準となります。

※ 奥行きは ±10 cm ほどであれば実用的なサイズです。

この基準から、4人で使用するテーブルのサイズは、『120cm × 80cm』 となります。

※天板が120cmであっても脚が極端に内側に配置されていないかご注意ください。


テーブルの上には食事以外にも、飲み物の入ったピッチャーやペットボトル、調味料などを置く事もあるのと思いますので、設置するスペースに余裕があれば、テーブルは広い方がゆったりとお使いいただけます。

広いテーブルであれば、モノを置いても窮屈に感じずらく実用的です。また作業性も向上しますので、買い物の仕分けや料理をしたりと家事がはかどります。

ダイニングテーブルでは、食事以外にも読書やお子様の勉強をする事もあると思いますので、お部屋のサイズに合わせてお選びください。


小学校の机のサイズがおよそ一人分のスペースです。
新JIS規格:幅 650㎜ × 奥行 450㎜  | 旧JIS規格:幅 600㎜ × 奥行400㎜



関連記事:センターテーブルの選び方もご紹介しております。



ダイニングセットの必要スペース

気に入ったダイニングテーブルが見つかったけど、自分の部屋のサイズの合っているか不安。なんて事もあると思います。

次にダイニングルームのスペースに合わせて選ぶ基準をご説明いたします。


テーブルと椅子のレイアウト。家具の配置スペースの図

saucer dining table - M size | saucer dining chair

横幅140cm 奥行70cmのテーブルに、椅子を4脚組み合わせた例で説明しますと、

お部屋のスペースは、横幅 2m60cm以上 (※1)、奥行は椅子の出入れと、人の出入りが最低限できるスペースで2m20cm以上。

椅子の後ろに開き戸の収納などあれば、もう少し広くとった方が良いでしょう。

(※1 天板の片側を壁につけた場合は、2m〜が実用に最低限必要なスペースとなります。)


【ソーサーダイニングテーブル Mサイズ / サイズ: 横幅140cm × 奥行70cm】



人がスムーズに移動する為のスペース

テーブルは置けても、人の出入りや、座わりにくくては良くありません。。。

椅子に座る際、椅子の出し入に必要なスペースは 75~80 cm

人が正面を向いて通る場合は 55 ~ 60 cm ~(※ 横向きに通る場合は約45cm)必要となります。

また、トレーなど物を持って運ぶ場合は 約 65 cm ~

正面を向いて人がすれ違うには 110 ~ 120 cm ほど必要となります。

このサイズを基準に、家具選びやレイアウトの参考にしていただければと思います!


座った場合のスペース 約 50cm ~
椅子に座る時に必要なスペース
約 75cm ~
通路として必要なスペース 約 60cm ~
すれ違うのに必要なスペース 約 120cm ~




関連記事:センターテーブルの選び方もご紹介しております。




テーブルと椅子の高さについて

テーブルと椅子の高さのバランスを検討する際に「差尺(さじゃく)」という言葉があります。

差尺とは「座面の高さ」と、テーブルの「天板の高さ」の差を言います。

テーブルと高さ


この差尺を基準にして、自分にあったテーブルの高さを調べることができます。


差尺の算出方法: ( 座高 ÷ 3 ) - 2


身長が160cmの場合を例にして説明いたします。


① まず、日本人の平均的な座高を算出します。

  160cm × 0.55 = 88cm > 座高:88cm


② 座高を3で割った数字から2~3引きます。

  88 ÷ 3 = 29.33  2 ~ 3 cm 引きます。 > 29.33 - (2~3) = 26.3 ~ 27.3 cm


③ 身長に対しての平均的な差尺がわかりました。

  26.3~27.3 cm


160cmの方にあった一般的な差尺は 26.3 ~ 27.3 cmとなります。


身長 差尺
150cm 24~26cm
160cm 26~28cm
170cm 28~39cm
180cm 30~31cm


使う人の体型が同じということはまずありませんので、背の高い人にあわせてテーブルを選んでいただくのが一般的です。

一般的に差尺は27 ~ 30 cm 程が良いと言われていますが、気になるようでしたらクッションで少し高さをあげたり、別々の椅子を組み合わせるのも良いでしょう。




関連記事:センターテーブルの選び方もご紹介しております。



海外ブランドのダイニングテーブルの高さ

日本で流通しているテーブルの高さは 70cm前後のものが多く、テーブルの高さに合わせて椅子は 40cm前後に設定されています。

この高さは、日本人の平均的な体格にあわせて計算されています。

平均身長の高いヨーロッパやアメリカなどの海外ブランドのテーブルやチェアは、体格にあわせて高く設定されている商品もあり、そのサイズのままで国内で販売されている物もあります。

(フォークとナイフを主に使用する為、お箸を使うよりもテーブルが高くても支障がないとも言われています。)

テーブルの高さが 約75cm ほどで、チェアもテーブルにあわせて高くなりますので、人によっては足が床に届かず、姿勢が悪くなる場合があります。

デザインや用途など、あえて高く設定している商品もありますので一概には言えませんが、75cm前後のテーブルをご検討中の方はご注意ください。



関連記事:センターテーブルの選び方もご紹介しております。



ソファダイニング

ソファダイニング

一般的なダイニングテーブルが70cm前後に対して、座面の高さの低いソファと組み合わせたテーブルは、高さが60cm前後に設定されています。

ソファと組み合わせることで、食事から食後までゆったりと寛げるという特徴があります。

また、ソファとダイニングを兼用することにによりお部屋を広く使えたり、テーブルが低いので部屋が広く見えるという効果もあります。

テーブルの高さに合わせて椅子の座面が低くなるので、食事や作業をすることを考えると、70㎝ 前後 の物の方が効率的ではありますので、自分の生活スタイルにあった物をお選びください。




SIEVE dining table / size list

商品名 奥行 高さ
frame dining table 150 80 72
saucer dining table - M size 140 70 72
saucer dining table - L size
160 80 72
merge dining table - M size 135 70 72
merge dining table - L size 150 80 72
fluff dining table - M size 140 65 65
fluff dining table - L size 150 70 65

単位:cm