搬入経路について1|ご購入前の確認

搬入経路について ご購入前の確認

大型商品はサイズが大きく重量もある為、ご購入前に設置場所はもちろん、搬入経路もしっかりと確認する必要があります。

搬入経路の幅や高さ奥行きのサイズを測る為には、メジャー (コンベックス)と、ノートやスマホなど記録できる物をご用意いただき設置場所までの通路のサイズをご確認ください。



搬入での確認箇所

ご購入前に最低限ご確認いただく必要のある箇所をまとめました。


□商品のサイズ □搬入経路 □出入口 □扉 □通路 □曲がり角 □階段 □エレベーター ...


搬入経路は、エントランス〜玄関〜通路〜設置場所などの全体を確認し、一番搬入のしやすい経路をまず決めます。

梱包サイズを基準に計測していただき、サイズ的に余裕がなければ開梱して搬入するイメージで計測します。

商品と運ぶ人のサイズを加えたサイズより広い真直ぐの通路であれば、基本的には搬入可能ですが、通路に手すりや扉の取手があり通路より狭くなっている場合は、一番狭い箇所の計測をお願いします。

一般的な部屋の扉は通路より狭くなっていますので扉の枠のサイズ、扉や取手が干渉する場合は、内寸を計ってください。

マンションではエレベーターの有無、エレベーターのサイズをご確認ください。また、マンションによっては台車の使用が禁止されている場合などありますので必要に応じて事前にご確認ください。


上記の項目以外にも、お住まいによって確認する必要がある箇所がある場合がございますので、搬入経路を実際に目で見て確認し搬入のシミレーションを行ってください。

※ご自身で搬入する際は、壁、床、天井等に傷をつけないよう養生を行ってください。




商品サイズと梱包サイズ

商品のサイズには商品サイズと梱包サイズがございます。

サイズ表

搬入経路、設置場所と合わせて、商品のサイズを把握しておく必要があります。

商品のサイズには、梱包サイズと、商品自体のサイズがあります。

梱包サイズは、商品の入っているダンボール箱のサイズになり、商品サイズは商品自体のサイズです。


例:W1780 × D900 × H720 SH390 AH480 mm


家具に限らず家電などのカタログでも見た事があるかもしれませんが、

サイズ表には上記のようなアルファベットと数字が組み合わせが使われています。

W=ワイド=横幅の意味で、商品の横幅になり、横幅で一番広い箇所の端から端までの長さです。

(mm)は単位でミリメートルの意味で、(cm)センチメートルの場合もありますのでご注意さい。

ソファのようなクッション性のあるものは、素材の特性上、商品の個体差や測る箇所によって若干の誤差がある場合がございます。


サイズ表記一覧

W wide(ワイド) 横幅
D depth(デプス) 奥行き
H height(ハイト) 高さ
SH sheat height(シートハイ) 座面の高さ
AH arm height(アームハイ) ひじ掛の高さ

ソファのサイズ

ソファやシェルフの梱包サイズついては、商品サイズより若干大きいサイズになりますが、ダイニングテーブルは組み立て品となりますので大きく異なります。

テーブルの横幅と奥行きはほぼ同じですが、脚は取りはずした状態で梱包されておりますので、高さが低くなります。

搬入経路を測る際は、この2種類のサイズをご参考にしていただければと思います。




①お買求めの貨物サイズをご確認ください。 (例)part sofa wide 2 seater の場合
・一番長い辺:178 cm
・一番短い辺:60 cm
・二番目に長い辺:75 cm

SVE-SF009梱包箱イメージ ※画像クリックで拡大表示

②設置するお部屋までの搬入経路横幅のサイズをご確認ください 貨物サイズが通ることが可能かご確認お願いします。
箱は立てたり、寝かすことで搬入しやすくなることもあります。

※画像クリックで拡大表示
※画像クリックで拡大表示

1)エレベーターを使う場合
・エレベーターは入口のサイズが貨物サイズの一番長い辺、一番短い辺以上の大きさがあること。
・エレベーター室内の高さは一番長い辺以上の大きさがあること。
・エレベーター室内の奥行き、幅は2番目に長い辺以上の大きさがあること。
・エレベーター入口のサイズが上記より小さい場合、貨物を斜めにすれば搬入可能であること。

※画像クリックで拡大表示

2)階段を使う場合
・直線に上がってゆく場所
階段の幅または天井の高さが貨物の一番長い辺以上で階段の幅が一番目に短い辺以上の大きさがあること。
・踊り場のある階段
踊り場の高さが一番目に長い辺以上あり、幅、奥行きが二番目に長い辺以上の大きさがあること。
・らせん式階段
階段の幅が125cm以上で 高さが一番長い辺以上あれば搬入は可能です。

※画像クリックで拡大表示

3)玄関
玄関幅が貨物サイズの二番目に長い辺以上あること。
玄関を入った後に90度に曲がった廊下がある場合、廊下の奥行、幅が二番目の辺の長さ以上あること。
※玄関、廊下には様々な収納や設置物があります。 搬入の妨げとなるようなものが無いかご確認お願いいたします。

※画像クリックで拡大表示

4)扉について注意点
外開きの扉の場合や、ドアノブにご注意ください。
廊下が狭く、完全に180度開かないドアの場合貨物を搬入することが不可能な場合がございます。
必ず扉を開けた時のサイズをご確認お願いいたします。

※画像クリックで拡大表示

5)メゾネットタイプのお部屋への搬入
階段、玄関幅が二番目に長い辺の長さ以上あること。
また階段高さも一番長い辺以上あること。

6)bracket sofa/howe sofaについて。
bracket sofa / howe sofa はSIEVEのソファの梱包で最も厚みのある貨物サイズです。
貨物サイズのままですと 搬入経路が850㎜以下の場合は搬入ができない場合がございます。
搬入不可の場合でも搬入前に開梱し、背を取り外す事で搬入サイズを小さくすることができます。
※取り外しの為に5㎜の六角レンチが必要になります。
※設置配送の場合は配送業者が作業いたします。(無償)





次からは、実際にお部屋までの搬入をシミュレーションいたします。



エレベーターでの搬入

エレベーターのあるマンションではエレベーターを使用して搬入いたします。

エレベーターに商品が乗るかエレベーターのサイズをご確認ください。


エレベーターのサイズを計ってください

エレベーターの入口、エレベーター内のサイズを計ってください。

入口のサイズは中の高さ幅と異なりますので、必ず両方計ってください。

中に手すりなどある場合は一番狭い箇所のサイズを計ってください。

ソファをエレベーターに

ソファのような大型商品をエレベーターに入れる場合、箱を持ち上げたり斜めにする為、照明や防犯カメラに触れて破損しないよう余裕をもって計測してください。

エレベーターには人が入れるスペースも必要になります。

【注意ポイント】

□エレベーター前のスペース □エレベーターの出入口のスペース □エレベーター内のサイズ




エレベーターのないアパート / マンション

外階段からの搬入

エレベーターのないマンションでは、外階段からの搬入となります。

通路や踊り場のスペースはもちろんですが、階段の天井は斜めになっている建物が多いので、天井の高さも計って搬入可能かご確認ください。

※エレベーターのないマンションで3階以上に大型商品を設置の場合、別途費用が必要となる場合がございます。

【注意ポイント】

□階段、踊り場のサイズ □扉の取手やインターホン、消化器、傘立て、エアコンの室外機など




室内階段での搬入

戸建住宅の2階(3階以上)に設置する場合は、室内の階段を使っての搬入となりますが、一階に搬入する以上に確認が必要です。


写真のように天井が高く踊り場のスペースがあれば搬入しやすいですが、階段には手すりが付いているので、手すりの内側から計測してください。

壁についている照明に注意し、ファブリックパネルは外してから搬入すると良いでしょう。

【注意ポイント】

□階段のサイズ □踊り場のサイズ □照明 / 額縁など


廊下 / 通路

搬入経路 廊下

通路の幅を計る場合、壁と壁の間のサイズを計ってしまいがちですが、手すりやドアの枠、取手を考慮して計ってください。

また、壁には照明のスイッチや、ドアホンのモニター、セキュリティーモニターなどが組み付けているある場合がありますので、外すことができない物は必ず考慮して計測してください。

ソファなどの大型商品は通路を立てて運ぶケースが多い為、天井の高さや、商品の向きが変えれるスペースがあるかなどもご確認ください。

画像のお宅の場合、階段の上り口に大きな引き戸がある為、商品を旋回することが比較的容易にできますが、階段の上り口ではソファを立てて旋回するスペースが必要となります。

2階がリビングのお宅で階段から搬入ができない場合、吊上げ搬入(有料)がとなります。

吊上げにも確認事項がありますので、詳しくは続きをご覧ください。


搬入経路について2