テレビボードの選び方|お部屋とテレビとローボードの関係

家具・インテリアを買い揃える時に、テレビボードは揃えておきたいアイテムではないでしょうか?

テレビボードと言っても、収納が豊富にできるタイプやコーナーテレビボード、ローボードなど、様々な形やサイズのものがあります。


以前、お部屋に合ったダイニングテーブルの選び方をコラムでご紹介したところ、 大変ご好評をいただきました。


前回記事: ダイニングテーブルの選び方|高さ・サイズ・スペース


今回はお部屋とテレビとローボードの関係をご紹介いたします。


SIEVEでは、どんなインテリアにも合わせやすいローボードタイプのものを企画、販売しております。

ローボードタイプは、圧迫感のないスッキリした見た目と、大きなテレビボードも置くことができるのも特徴です。


ローボードとテレビのサイズ

テレビのサイズ32V型
テレビのサイズ43V型
テレビのサイズ49V型

highlight lowboard |横幅160 高さ42(cm)

ローボードにテレビを置く場合、ローボードの横幅より少し小さいサイズのテレビを置くことで、バランスと安定性が良く美しく見えます。

ハイライト ローボード(highlight low board)を例に見ていただきますと、

ローボードの横幅が160cmに対して、49V型(横幅 約110cm)のテレビ位までが、安定感を感じるサイズではないでしょうか。


テレビのサイズ55V型

55V型(横幅 約134cm)のテレビでも、十分に置いていただけるサイズですが、やや圧迫感が出てきます。

55V型以上のサイズのテレビの場合は、横幅160cm以上のサイズを選ばれた方が、見た目には美しく感じるのではないのでしょうか。


画面のサイズと距離

画面と見る位置までの距離は、テレビ画面の高さの約3倍が目安です。

例えば、49V型テレビの視聴距離は約1.8mが最適と言われています。(画面の高さ「約60cm」のおよそ3倍)

4K対応テレビ以上であれば、さらに画質が高精細になるので近くで見ることができます。(画面の高さの1.5倍ほど)

テレビの視聴距離

座り方や体格等によって、目線の高さは異なりますが、ソファに座ってテレビを見る場合、テレビ台の高さは40cm前後が良いと言われています。

※座高(SH)が40cm前後のソファで、40cm~50cmほどの高さが目安となります。

テレビの中心を少し見下ろした位が目安になりますので、TVボードをご検討中の方は、ソファに座った時の目線の位置や距離を測っていただき、テレビのサイズやローボードの高さを決める参考にしていただければと思います。



視聴距離とは

テレビ画面がもっとも綺麗に見える距離のことです。

距離はテレビのフレームやスタンドを除く画面の高さから算出されます。

フルHDやハイビジョンでは高精細な映像の為、画面の高さの約3倍必要となります。

また、4K対応テレビであればさらに精細なため約1.5倍と言われています。

反対にブラウン管テレビの場合は、5~7倍の視聴距離が必要になります。


ソファとTVボードの距離

※フルHDテレビの場合


フルHDテレビと視聴距離の目安

32V型 約39cm 117cm
43V型 約53cm 159cm
49V型 約60cm 180cm
58V型 約72cm 216cm
65V型 約80cm 240cm


4K対応テレビの視聴距離の目安

32V型 約39cm 59cm
43V型 約53cm 80cm
49V型 約60cm 90cm
58V型 約72cm 108cm
65V型 約80cm 120cm



テレビボードにはテレビの他にも、ブルーレイ/ DVDプレーヤー・HDDレコーダー、ネット動画を見る端末、無線機器やゲームなど、最近では多くの機器がテレビと接続できるようになり、テレビボードとして必要な機能や収納性を考えて選ぶ必要があります。

日本でローボードといえば、テレビやAV機器を置くことをメインに考えられていますが、テレビを置かず、オーディオで音楽を楽しんだり、ディスプレイしてインテリアを楽しんだりするのも良いのではないでしょうか。


SIEVEでは、個性とシンプルさを融合したデザインのお品物を取り揃えております。
自分の生活にあった最高の一台を手に入れましょう。